お知らせ public

記事公開日:2020/01/22

防疫対策の徹底について(お願い)

 本大会は10年前に口蹄疫を経験した宮崎県での開催ということで、皆様方の協力のもと万全な防疫体制での共進会開催となるよう準備を進めているところです。
 しかしながら、依然として、中国、韓国等の近隣諸国において、口蹄疫やASF(アフリカ豚コレラ)等の家畜伝染病が発生しております。また、一昨年9月には国内で26年ぶりとなるCSF(豚コレラ)が発生し、CSFが全国へ拡がりをみせる中、畜産農家は、病原体の侵入を大変危惧し防疫体制を強化している状況です。
 つきましては、本大会に参加(参観)されます関係者各位におかれましても、改めて家畜防疫に対する危機意識を高めていただき、参加(参観)される際の防疫対策の徹底について下記の事項にご留意くださいますようお願いいたします。

                                                                                      記

1 飼養農場における飼養衛生管理基準を遵守すること。
2 口蹄疫等が発生している国への渡航を可能な限り自粛すること。
  万が一渡航された場合は、畜産関係施設へは帰国後1週間は、必要がある場合を除き、原則として、立ち入らないこと。
3 本大会に参加(参観)される際は、会場に入る1週間前から豚を飼養する施設へは立ち入らないこと。
4 本大会で使用する器具、衣服及び靴等は、事前に洗浄、消毒して会場に持ち込むこと。


防疫対策の徹底について(お願い)